鉄S1スイングアームのご案内

鉄S1スイングアームを改めてご案内します。
 
右の黒い方が初期の試作品で現在ヤフオク出品中のものです。①とします。
左が最近ブログでご紹介している銀の丸J用に製作したものです。②とします。
 
右の試作品①はノーマルチェーンラインに合わせて製作しました。
 
左の方②は、スタビの間隔をより広く設定しましたので、
チェーンライン5ミリオフセットまで対応できます。
 
タイヤ幅はともに160ミリ対応です。タイヤ部分の内幅は170ミリあります。
ダンロップα13は、150/70-18で実測約160ミリあります。
BSのBT016の同サイズは実測約150ミリです。
ダンロップは概ね呼びサイズより幅広ですね。
イメージ 6
 
①をデモ車の1000Jに付けた様子。
チェーンラインはノーマルです。タイヤはDL α12 150/70-18 です。イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
②を丸Jに取り付けた様子。
チェーンラインは3ミリオフセットしています。
タイヤは DL α13 150/70-18 です。
イメージ 3
 
 
イメージ 4
塗装はアクリルです。
イメージ 5
以下は①の画像です。
イメージ 7
 
 
イメージ 8
ダンロップα12 150/70-18の場合、
チェーンとタイヤの耳は、走行中の振動で少し干渉し、
タイヤの耳が少し削られます。
イメージ 9
 
 
イメージ 10
リヤの内幅は片側6ミリほど広げてあるので、
リヤショックとチェーンのクリアランスは確保されています。
イメージ 11
トルクロッド受けはスタビの下側にあります。
イメージ 12
キャッチタンクはドレンボルト付きです。
ワイヤリング用の止めもあります。
イメージ 13
①で筑波サーキットを走行した時の様子。
アルミのS1スイングアームより剛性感がありました。
イメージ 14
荒れたワインディングでも、リヤのトラクションに不足はありませんでした。
イメージ 15
先日丸Jのオーナーさんたちと奥多摩ツーリングに行きましたが、
鉄S1スイングアームにはいい評価をいただきました。
イメージ 16
チェーンラインは5ミリオフセット位までは対応できるので、
オーダーいただく際にはお申し出ください。
その他、トルクロッド受けの位置なども変更できます。
納期は素材のノーマルスイングアームを用意してから約2週間です。
塗装は別途日数と費用がかかります。
 
いかがでしょうか。(^^)
 
加工費 80,000円
塗装代 パウダーコート 25,000円より
素材代(ノーマルスイングアーム) 時価(お持ち込みOK)
 
※金額は税抜きです。
価格・仕様は変更することがあります。
②と同じアクリル艶消し黒塗装ならサービスします。


この記事へのコメント