Z1R2新規組み立て開始

バラバラのZ1R2の組み立てのご依頼です。
1台分のパーツをお預かりしてきました。
イメージ 1
キャリパーは旧タイプのロッキードです。
保存状態は比較的いいようです。
イメージ 2
キャリパー側は腐食も無く、シール交換すれば良さそうです。
ピストンはメッキが剥離しているので、新品交換するか製作します。
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
リヤマスターです。
欠品しているレバーは製作します。
イメージ 6
内部のパーツは比較的綺麗です。
イメージ 7
シリンダーは一部にサビの段付きがあるので、
ホーニングで取れれば再使用可能でしょう。
イメージ 8
フロントマスターです。
左は完全に固着しているのでNG。
右を分解してみます。
イメージ 9
シールは溶けてふやけています。
イメージ 10
こちらのシリンダーも段付きがあるので、
ホーニングしてみて判断します。
イメージ 11
 
 
イメージ 12
フロントフォークはモリワキカヤバ。
リヤは古いオーリンズ。
イメージ 13
ホイールは20年位前のダイマグです。
タイヤも新品未走行のままです。
イメージ 14
チェーンラインのオフセットが大きそうなのでアライメントを確認します。
イメージ 16
ホイール4.5インチ、チェーンラインは4インチの101.6ミリです。
イメージ 15
スイングアームはモリワキ角アルミを想定していますが、
このホイールでの最小スイングアーム内幅は250ミリでした。
スイングアームの仕様書によると、
イメージ 17
モリワキは242ミリなのでこのままでは装着できません。
チェーンラインは5ミリ位は詰められる可能性があるので、
ホイールを加工すれば成立するかもしれません。
 


この記事へのコメント