鉄S1スイングアーム製作

リヤアクスル周りの部品が揃ったところで、
ホイールアライメントを再計測します。
結果、ホイールセンターは右に約3.5ミリズレていることが解りました。
イメージ 12
今回のスイングアーム変更で幅が狭くなるのですが、
右側はカラーを詰めずにそのままにして、
左側は7ミリ詰めてホイールセンターを合わせることにします。
スイングアーム幅は6ミリ広げてつじつまを合わせ、
ショックとチェーンのクリアランスを稼ぐ効果も持たせます。
 
先ず、キャッチタンク部分を鉄板で作ります。
イメージ 1
6角形の箱型にします。
イメージ 2
スイングアームの根元に、ブリーザーホースの口を2か所設けます。
イメージ 3
キャッチタンクを溶接します。
イメージ 4
 
 
イメージ 5
スタビパイプの製作です。
アクスル側はパイプを潰してチェーン引き部分の幅に合わせます。
イメージ 6
潰したところを斜めにカットします。
イメージ 9
 
イメージ 7
点付けして仮組みしていきます。
イメージ 8
歪みが出ないように少しずつ溶接していきます。
イメージ 10
途中何度か歪みが出ていないか確認しながら進めます。
イメージ 11
後は三角の補強とトルクロッド受けの取り付けが残ります。
トルクロッド受けの位置は、
使用するサポートによってホイールセンターからの距離が違うので、
使う部品に合わせた形状となります。


この記事へのコメント