FXにハイカム組み込み

ハイカムの組み込みです。
イメージ 1
エンジンの中身はMk2になっていて、
ピストンはノーマルの1ミリオーバーサイズです。
入手してからカムチェーンローラー周りだけ新品交換してあります。
イメージ 2
前回掃除してから1000キロくらいですが、結構カーボンが溜まっていますね。
イメージ 3
カム山の逃げを削るので分解します。
イメージ 4
カムをあてがい、当たるところを削ります。
イメージ 5
 
 
イメージ 6
10.8ミリリフトでこの位の逃げが必要です。
イメージ 7
ついでにJ系インシュレーターとの段付きも修正しておきます。
イメージ 8
燃焼室とバルブのカーボンを軽く落として組み込み開始。
イメージ 9
リフターはFX400のインナーシム用に変更。
イメージ 10
ヘッド単体で、先にバルブクリアランスをとっておきます。
イメージ 11
今回、カムだけの変更なので、
ノーマルピストンとのクリアランスを確認しておきます。
粘土を盛って一旦ヘッドを組み付けます。
イメージ 12
クランクを1周させたらヘッドを外します。
イメージ 13
 
 
潰れた粘土の断面です。
エキゾースト側が特に狭いですが、1.5ミリほどあるのでOKでしょう。
イメージ 14
 
 
イメージ 17
本番の組み立てです。
バルタイを規定値に調整します。
イメージ 15
使用しているのはWEBの109です。リフトは10.8ミリ。
あまり加工がいらない中で組み込める最大のリフト量です。イメージ 16


この記事へのコメント