Z1R2組み立て モリワキカヤバのオーバーホール

モリワキカヤバをオーバーホールします。
履歴が解らないので、リセットすることが目的です。
イメージ 1
フロントホイールのベアリング交換もついでに行ないましたが、
フロントアクスルの曲がりを発見しました。
約0.5ミリの振れがあります。事故か転倒でしょうか。
イメージ 2
プレスで修正します。
イメージ 3
0.05以下に修正しました。
イメージ 4
フォークを分解します。
中身は欠品も無く揃っているようです。大きな損傷もありません。
イメージ 5
何度かオイルシールを交換したようで、
シールを外す時に付いたようなキズが、縁にいくつも付いています。
イメージ 6
キズはペーパーで慣らしておくのがメカニックのマナーです。
キズをケアしておくことは、次に分解するメカニックへのメッセージです。
イメージ 7
シール類はモリワキから購入できるので助かります。
ダストシールはZ650の純正品を使います。
イメージ 8
ステムベアリングの交換です。
もとからテーパーローラーベアリングが入っていましたが、
引っ掛かりが無いので溶接した棒を叩いて打ち抜きます。
イメージ 9
新しいレースを入れます。
イメージ 10
アンダーも抜いたところ、ずいぶんキズが付いていました。
前にレースを抜く際、傾けてしまい強引に叩いた結果でしょう。
イメージ 11
凸部を削って慣らしてから新しいレースを圧入します。
イメージ 12
 
 
イメージ 13
ステムはザッパー用なので、ハンドルロックの位置に合わせけがいておきます。
イメージ 14
けがいた位置に穴を開けて完成。
イメージ 15
Mk2用の純正キーセットを使って、
IGスイッチ、ハンドルロック、シートロックが新品ワンキーになりました。
イメージ 16
ザッパーステムにするとMk2のステムカバーは干渉するので、
このぐらいカットします。
イメージ 17
チェック走行まで、残り作業はあとわずかです。
イメージ 18


この記事へのコメント