Z1R2組み立て フロントカウル取り付け

フロントカウルのステーを製作します。
Mk2のライトステーでマウントしたヘッドライトに合わせると、
アンダーステーはこのような形になりました。
イメージ 1
ヘッドライトに合わせると、カウルはこの位置に決まってしまいます。
イメージ 2
アッパーステーは、トップブリッジから伸ばしてマウントする形状にしました。
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
ウインカーステーは、
カウルのアッパーステーに共締めする方法でマウントします。
イメージ 6
 
 
イメージ 8
 
イメージ 7
右側はマスターと干渉するので、
リザーバータンクはカウルの外側に出すことにしました。
イメージ 9
マスターが外側になるので、ロングバーエンドでハンドル幅を延長します。
イメージ 10
左右30ミリずつ延長しました。
イメージ 11
これでハンドル幅は78センチです。
Mk2のノーマルよりは少し狭い感じです。
イメージ 12
アルミのバーエンドはハンドルに圧入してあります。
中心にビスがあると今風になってしまうので。
イメージ 13
ウインカーとクラッチレバー周辺も、クリアランスはギリギリ確保できています。
イメージ 14
リザーバータンクとカウルのクリアランスを攻め、
ハンドル幅はこれで最小です。
イメージ 15
ライダー目線はこんな感じ。
イメージ 16
ハンドルの角度は水平にします。
スーパーバイクのフォームは、ハンドルを水平にした時、
腕の形が一番カッコよくなると思います。
クーリーとスペンサーが理想のフォームです。
イメージ 17
 
 
イメージ 18


この記事へのコメント