バスタブ型アンダーカウル製作

TOTマシン用のアンダーカウルを製作します。
完成するとこんな感じです。
極力目立たずコンパクトにしたいと考えています。
イメージ 14
素材にするのはレトロフィットファクトリー製の汎用アンダーカウルです。
アゴがしゃくれていない、希少な製品です。
イメージ 1
後方は切り詰め、堰を作ってダムにします。
イメージ 2
先ず、カットするラインをけがいて行きます。
イメージ 3
深さ120ミリ、全長480ミリになります。
イメージ 4
切り取るのは全方向の4ヶ所です。
イメージ 5
堰に使うパーツは、切り取った破片から切り出します。
イメージ 6
 
 
イメージ 7
堰はステーとリベットで取り付けます。
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
隙間はシリコンボンドでシールします。
イメージ 11
 
 
イメージ 12
フレームへの取り付けは、金属バンドでボルト止めにしたり、
ズースファスナーにしたりできます。
イメージ 13


この記事へのコメント