Z1100B2 K様 試運転

クラッチのプッシュロッドです。
上が付いていた方で段付き摩耗が進行しています。
両側とも摩耗しているので交換時期ですね。
交換する時は、
下の方のJ系ポリス純正オールスチール製プッシュロッドにします。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
タンクを上げたので、ぐらつきを押さえるためにアンコを入れます。
イメージ 3
バスマットを重ねて、ガムテープで巻いた物です。
イメージ 4
表に出して、ちょっと遠目に見てみます。
ワークス車の雰囲気に近づいたでしょうか。
イメージ 5
今回のシフトは正チェンジです。
イメージ 6
リヤブレーキスイッチは油圧式に変更。
サイレンサーは奇しくもステップギリギリでした。
イメージ 7
エンジンハンガーはノーマルと同形状のジュラルミン板です。
イメージ 8
リヤのブレーキホースもルートを変更しアールズ部品で新規製作。
90°フィッティングを使うと雰囲気がいいのです。
イメージ 9
明るいうちに試運転します。
アイドリングは900rpmでも安定しています。
イメージ 10
シールを張り替えるのりでエンブレムを例の物に交換します。
イメージ 11
ビビリ止めに、裏にはシリコンボンドを塗っておきます。
イメージ 12
これで完成です。
エンジンは100kmほど慣らしをしてください。
ハンドルはあまり切れないので、Uターンはできません。
イメージ 13


この記事へのコメント