Z1B O様 エンジン腰下分解

欠けたアウトプットシャフトを交換するので腰下を分解します。
イメージ 1
エンジンを下ろしたついでにフレームに異常が無いか確認します。
特にキズやクラックは無いようです。
イメージ 2
スターターモーターを外そうとしたら、ボルト1本はケース側のネジ山が無く、
ただ刺してあるだけでした。ここはヘリサートを入れておきます。
イメージ 3
オイルパンは比較的綺麗な状態です。
ですが、オイルポンプのストレーナーは、
面積の半分位に何か付着しています。
イメージ 4
つまんでみると繊維のクズでした。
前回のオーバーホールの際に入ったのでしょうか。
イメージ 5
腰下のオーバーホールは、腰上の改造よりかなり時代が古いようです。
液体ガスケットの劣化度合いが違います。
イメージ 6
マグネットローターを外すと、
クランクのテーパーにはかじった跡がかなり付いています。
キーは無傷なので、これも過去のキズのようです。
イメージ 7
クランクの振れは0.03ミリで特に問題無し。
ベアリングも全てスムーズに回ります。
イメージ 8
ミッションのアウトプットシャフト側を分解します。
スナップリングが広がったまま組み付けられていたので、
前回のオーバーホールは、いい仕事ではなかったようです。
イメージ 17
各部を点検しながら分解します。
イメージ 9
3速ギヤのドグはかなり摩耗が進んでいます。これは交換しましょう。
イメージ 10
 
 
イメージ 11
その相手側ギヤは特に問題無し。
イメージ 12
その他も異常なし。
イメージ 13
上がZ1000Mk2のミッションで、今回のドナーとなります。
こちらも3速ギヤのドグは摩耗しているので、
使うのはシャフトのみです。
イメージ 14
スプラインがスプロケより飛び出す方がMk2用ですね。
イメージ 15
3速ギヤのドナーとして、更にもう1本ミッションを用意しました。
1番下のZ1000ST用ミッションから3速ギヤを取り出して使います。
結局3個1でやっと部品が揃いました。
イメージ 16
 
 
 


この記事へのコメント