GPZ900Rライム アンダーフレーム仮付け

アンダーフレームとバックステップのキットが入荷しました。
イメージ 1
シリンダー前側のウォーターパイプは、
アンダーフレームの内幅より1ミリほど広いので両端をカットします。
イメージ 2
両端を鉄板で塞いで完成。
イメージ 3
アンダーフレームはボルトオン仕様ではありますが、
ニンジャのフレームは自重でも変形するので、
アンダーフレームはすんなり付くことはありません。
各取り付け穴のズレを合わせていきながら全てのボルトを刺していきます。
最後に剛性のあるところから締めあげて固定していきます。
 
イメージ 4
フレームを延長する関係で、
付属のシフトレバーは長さを少し短く調整します。
イメージ 5
今回のチェーンラインオフセットはニンジャに対し+18ミリです。
左側のアンダーフレームも少し外側に出すようにして取り付けます。
イメージ 6
このキットはフレーム延長に対応していないので、
マークしたところを落として延長分厚みを減らします。
イメージ 7
接合部のフレームはまだ差し込んであるだけですが、
もう少し外側に出ることになり、約16ミリ延長することになります。
チェーンラインを想定したテープとフレームのナットは、
十分なクリアランスが確保できるので、
チェーンのローラーは不要です。
イメージ 8
ヘッドのオイルラインです。
STDの前向きだとエンジンハンガーに当たるので、
後ろ回しにする必要があります。
イメージ 9
今回用意したZRX1200ダエグ用のノジマフルエキは、
アンダーフレームと十分にクリアランスがありました。
イメージ 10
下回りも問題ありません。
オイルクーラーホースをとり回すスペースも十分あります。
イメージ 11
サイレンサーは月木の現行品で、
クラシックなデザインのアルミサイレンサーを使用します。
イメージ 12
ノーマルラジエーター用のステーは、幅が合わないので微調整して取り付けます。
イメージ 13
仮付けができました。
特に大きく改修する必要はなさそうです。
但し、ネジ穴は大きくズレているのを合わせながら取り付けるので、
バールやジャッキでフレームを曲げながらの作業になります。
このアンダーフレームも手の力でしなるからこそ取り付けできます。
イメージ 14
 
 
イメージ 15


この記事へのコメント