DYMAGの修理 完成

新規製作したスプロケットキャリアのアルマイトができたので、
ヘリサートを挿入します。
イメージ 1
厚み分目いっぱいネジ山を確保したいので、
長めのヘリサートをカットして長さを調節します。
イメージ 2
これでスプロケボルトのトルクは十分掛けられます。
古くなったスパイダーの弱点は解消されたでしょう。
イメージ 3
手持ちのスプロケで仮組してみます。
使ったのは取り付け面を削っていないタイプです。
イメージ 4
8.6ミリの取り付け面厚さだと、カラーは9.8ミリがちょうどいいようです。
スプロケ取り付け面が薄く加工してあるスプロケは、
その差分だけカラーも薄くする必要があります。
イメージ 5
新しいキャリアの丸い肉抜きは、コストを抑えた結果です。
イメージ 6
厚みは12ミリに設定。
スイングアームとのクリアランスを確保すると、このぐらいが限度でした。
イメージ 9
センターのディスタンスカラーは、
少し長くする必要があったので新規製作です。
イメージ 7
完成後のアライメントはこちら。
イメージ 8
チェーンラインは従来通りの84.4ミリ。
左右ベアリング端までの振り分けは103と61.1ミリです。
あとはスイングアームに合わせて左右のカラー寸法を設定してください。


この記事へのコメント