S1の鋳造エキセントリック製作中

S1スイングアーム用のエキセントリックを製作中です。
実車と同じく鋳物で作るので、先ずは型を製作します。
 
加工後と、削り前のブランク状態の図面を型屋さんに持ち込んで、
木型の製作を依頼いして出来上がったのがこちら。
イメージ 5
狭くて深い穴を砂型で再現するのは非常に難しいそうで、
型屋さんが鋳物屋さんと調整した結果がこの複数型となりました。
イメージ 1
これは中子を作る型です。
これに砂を詰めて中子を作り、ガスで固めて硬化させて強度を持たせます。
イメージ 2
分解して並べてみても、どうやって製品にするのかイメージが浮かびません。
イメージ 3
現物を使いながら鋳造の行程を説明していただきました。
これは中子の砂を壊さないように型を抜く工夫だそうです。
イメージ 4
 
 
イメージ 6
右の円筒が外形の型で、
その中に左の型で作った中子を入れてアルミの湯を注ぎます。
イメージ 7
今回のブランクから製作するのは、
実車のS1スイングアーム用とカワサキ純正エキセントリック用で、
アクスル径はφ20ミリとφ25ミリを想定しています。
アクスルナットは無しで、右側のエキセントリックにネジが切ってある、
S1実車と同型の止め方も想定しています。
 
12月上旬には、鋳造した初期ロットができる予定です。


この記事へのコメント