Z1R2 N様 チェーンのリコール交換

RKチェーンの自主回収に対応するために、
納車から約500km走行したところで再度お預かりしました。
イメージ 1
ノーマルタコメーターが不調だったので、
ウルトラのステッピングモーター式に交換することに。
パワービルダーさんの専用ケースを利用します。
イメージ 2
同じくスタック製メーター用のケースも設定されていますが、
デザインの統一性を重視してウルトラを選択しました。
カウル付きということもあり、雨水侵入の心配は少ないでしょう。
イメージ 3
4輪競技用タンクキャップは、
タンクメーカーでも把握していないパッキンが伸びるという不具合があり、
メーカー対策品のOリングでも対応しきれなかったので、
新たに少し小径のOリングでテストしてみます。
イメージ 9
 
イメージ 10
今回RKジャパンから無償支給された交換用のチェーンと、
同時交換用の同型新品スプロケです。
フロントスプロケはサンスター製、リヤスプロケは弊社製、
全てRKジャパンの費用負担で交換します。
イメージ 4
ちょうど、カスタム後の初回点検のいい機会になりました。
イメージ 5
外したチェーンとスプロケは、一見、特に問題なさそうです。
イメージ 6
チェーンの不具合の結果、
アルミスプロケにサイドの摩耗が多く発生するとのことでしたが、
極僅かなもののようです。
イメージ 7
 
 
イメージ 8
チェーンの不具合は、安全性に直ちに危険が生じるレベルではないそうですが、
大手企業の対応は信頼のおけるものですね。
 
DYMAGのリヤホイールは、
ホイール側ハブを削ってチェーンラインを詰める加工をしたものなので、
点検をしておきます。
イメージ 11
スプロケキャリアのベアリングは、若干ゴリ感がでていたので交換します。
イメージ 12
半年待ってやっと届いたロッキードリヤマスターのリペアキットです。
この中で、使用する部品は一部だけです。
イメージ 15
 
イメージ 14
レバーは欠品していたので、
ちょうどいいレバー比と角度で新規製作したものを使用します。
イメージ 13
 
 
 


この記事へのコメント