Z1R2 N様 タンクのブリーザー取り付け

キャップに元から付いているブリーザーだけでは吐き出し量が足りないので、
追加でタンク本体からブリーザーを引きます。
イメージ 1
テーパーネジのボスを溶接し、
ホースの途中にバイク用のチェックバルブを取り付けます。
イメージ 2
念のため、溶接部はエアで漏れチェックしておきます。
イメージ 3
リヤマスターは予定していたロッキードに交換します。
イメージ 4
このマスター、二十数年ぶりに復活できました。
イメージ 5


この記事へのコメント