GPZ900Rライム 別タンの移設

定員1名登録車なのですが、
今回の改造申請に合わせて2名乗車に変更することになりました。
タンデムステップを付けるため、WPの別タンは他の場所に移設することにします。
イメージ 1
バッテリーケースの底を止めているネジ穴を
ドリルで揉んで貫通させます。
イメージ 2
 
 
イメージ 3
両端にネジを切ったアルミの棒をナット代わりにして、
バッテリーケースを固定します。
イメージ 4
その棒に別タンを抱かせます。
イメージ 5
使用するタンデムステップはこちら。
アンダーフレームと同じメーカーで統一しました。
イメージ 6
マフラーをカチ上げるため、短いステーのタンデムステップにしてあります。
イメージ 7
サイドカバーは、前に付いていたツキギのピボットプレートに
合わせて切り欠いていたので作り直す予定でしたが、
そのまま付けてみると特に違和感はなさそうです。
イメージ 8
 
 
イメージ 9
ZZRのスイングアームに合わせてカットしたインナーフェンダーを付けたら、
別タンがそれより下に出ていたので、
もう少し高くマウントすることにします。
スペーサーとWPのマウントラバーを外して付け直します。
イメージ 10
 
 
イメージ 17
これなら太いスイングアームもかわせるでしょう。
イメージ 11
ハンドルバーは、最終的にシルバーのスーパーロータイプに決定。
ブレンボのレバー握り易くするためハイスロも薄型に変更。
ステム周りはシルバーで統一感がでました。
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
 
イメージ 14
 
 
イメージ 15
ハンドルをフルロックしてもカウルには当たりません。
イメージ 16


この記事へのコメント