Z1100R S様 テール周りのチリ合わせ

パルシングカバーは今も買える新品のJ用を使ってトップヒートで塗装します。
イメージ 1
見た目はZ1000Rと同じ感じです。
イメージ 2
リヤ周りは、ノーマルショートフェンダーへの変更に合わせ、
ナンバーとウインカーを移設します。
イメージ 3
純正でどうしても開いてしまうシートとテールカウルの隙間も修正します。
イメージ 4
ウインカーブラケットをシートロックと共締めするため、
フレーム側のボスを8ミリ切断します。
イメージ 5
ウインカーはシートロックとテールカウルの間に収めます。
ボルト1本止めのウインカーブラケットは、
根元をフレームに密着させて回転しないようにしてあるので、
ウインカーステーを荷かけフックとして使えます。
イメージ 6
テールカウルはスペーサーを入れて少し持ち上げます。
イメージ 7
 
 
イメージ 8
これで後ろを決めればシートと密着するようになります。
イメージ 9
シートに合わせたテールカウル後端の高さには個体差があるので、
現車合わせで決めます。
イメージ 10
テールの高さを決めてから、テールレンズ、ナンバーと、
順にマウント位置を決めていきます。
イメージ 11


この記事へのコメント