GPZ900R O様 ワイバンマフラー取り付け

プラグコードはウルトラのZRX1100用を使います。
コイルがDYNA2000のコンパクトコイルなので、
コイル側のターミナルもプラグ用を使います。
イメージ 1
ジョイントせずにターミナルを直接かしめてすっきりと。
イメージ 2
コイル側も90°のキャップがちょうどいいです。
イメージ 3
ブリーザーホースも新調します。
曲がりがきついので、潰れ防止に硬いコイルを入れておきます。
イメージ 4
 
 
イメージ 5
ヘッド行きのオイルラインは、
既存のフィッティングを流用してホースを長く作り変えて対応しました。
イメージ 6
 
 
イメージ 7
クランクトリガーの設定は、専用のゲージを基準に標準の35°にセットします。
イメージ 8
前回取り付かなかった4-2-1のマフラーに代わり、
今度はワイバンの4in1が用意されました。
イメージ 9
ZRX1100用ですが、ニンジャにもピッタリです。
イメージ 10
アンダーフレームとのクリアランスも許容範囲です。
イメージ 11
モノサスのリンクとも十分なクリアランスです。
イメージ 13
ラジエーターは、少し前に出さないと付かないかも。
イメージ 12
 
 
 


この記事へのコメント