Z1000Mk2 O.K様 リヤキャリパー下向き加工

ワークスタイプバックステップVer.2を取り付けます。
もともとマフラーステーはカットされていました。
イメージ 1
フレームにバックステップペグのボスを溶接します。
イメージ 2
溶接ビードは二重にして接合面積を稼いでいます。
イメージ 3
溶接はぐるっと全周してあります。
イメージ 4
リヤキャリパーは下向きにするため、トルクロッドの受けを移設します。
イメージ 5
切り取ったピースを反対側に溶接します。
イメージ 6
 
 
イメージ 7
スイングアームには、下側にトルクロッドの受けを溶接します。
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
仮組みして位置関係を確認します。
エアブリーダーが下向きになってしまうので、
エア抜きはキャリパーを一旦外し、正立させて行います。
イメージ 13
塗装が乾いたところで、バックステップを仮組みします。
サイドスタンドはつま先に当たるようなので、
直線的に修正し、スプリングは裏側に移設します。
イメージ 11
 
 
イメージ 12


この記事へのコメント