Z1000Mk2 13段垂直オイルクーラーブラケット完成

切り取ったガセットの端面を均していきます。
エンジンやフロントフォークを外さないで作業するには、
この位が限度でしょう。
イメージ 1





















横から見ると、ダウンチューブの面まで削除しています。
イメージ 2





































コアを冶具にして、新たな補強プレートを溶接で点付けします。
ステムベアリングの近くには、溶接熱で歪まないよう熱を加えたくないので、
今回は、少し離れたところからプレートでBOX形状の補強にしました。
イメージ 3





















歪みを出さないよう、左右少しずつ溶接していきます。
ハンドルをフルロックしても干渉しません。切れ角はノーマルのままです。
イメージ 4





































塗装して終了。
フェンダーとのクリアランスは130ミリ程度あるので、
まず干渉することはないでしょう。
イメージ 5






















イメージ 6




































この記事へのコメント