Z1000Cポリス K様 キーシリンダー交換

キーが2種類必要なので、3つのキーシリンダーを交換してワンキー化します。
タンクキャップのキーシリンダーは方向性のあるタイプが使われています。
イメージ 1





















裏側はカシメてあるので非分解です。
表からドリルでもんで分解します。
イメージ 2





















使用するキーセットはFX1の新品です。
タンクキャップには、ヘルメットホルダー用のキーシリンダーを加工して使います。
イメージ 3





















シリンダーの長さが足りないので、
元のシリンダーの先端をカットして継ぎ足しています。
イメージ 4





















シリンダー径も少し広げてやると違和感なく収まります。
イメージ 5





















イグニッションスイッチはボルトオンで交換できます。
配線は少し加工が必要かも。
イメージ 6





















ハンドルロックは同一品です。蓋を取ってシリンダーを抜き出します。
イメージ 7





































新品のシリンダーを入れ、新品の蓋を付けて完成です。
イメージ 8





































これでイグニッション、ハンドルロック、
タンクキャップのキーがワンキーになりました。
シートはボルト止めなのでシートロックキーはありません。
イメージ 9





















マスターとメーターの干渉対策として、ハンドルを延長します。
40ミリ長のバーエンドを圧入して、片側25ミリ延長させます。
イメージ 10





















都合50ミリワイドになったハンドルのおかげで、
取り回しはずいぶんと楽になりました。
イメージ 11
























この記事へのコメント