割れたジェネレーターローターの再生

Z1000Mk2のジェネレーターローターです。
マグネットが割れているので修理します。
イメージ 1
2液性のエポキシボンドで、割れたマグネットの破片を元の位置に正確に貼り付けます。
イメージ 2
破断面の欠けがおきないよう、境目は少しボンドがはみ出すように接着します。
イメージ 3
これで、ほぼ元通りの発電量になります。
欠損が多いと回転バランスが崩れるので、破片が揃っている場合に有効な方法です。
マグネットは、破断面がN極とS極に分かれるので、
元通りにくっつければひとつのマグネットとして機能します。
小学校の理科でやりましたね。
遠心力で外側に押さえつけられるので、貼り付けたマグネットが脱落することはまずありません。
割れたマグネットは、くれぐれも捨てないように!
イメージ 4
 
 


この記事へのコメント