Z1000J O様 リヤ周り仮組

ニンジャ用DYMAGを使うので、
ハブを切削してチェーンラインを5.3ミリ詰めました。
イメージ 1





















元のヘリサートを抜いてからハブ端面を追い込んだものです。
イメージ 2





















新しいヘリサートを入れる前にタップをたててネジ穴を掃除しておきます。
イメージ 3





















新しく入れるヘリサートは、ホイール側ネジ山の全部にかかるように
長さを調節してから挿入します。
イメージ 4





















トルクレンチを使って締めつけますが、
使用に伴いここは緩むことが多いので、定期的な点検が必要です。
イメージ 5





















今回、ダンパーはアクティブ製の新品に交換します。
イメージ 6





















リヤローターを仮組します。
今回使うのは、サンスター製ゼファー1100のφ240ミリローターです。
イメージ 7





















エキセントリックとキャリパーサポートはGREEN GARAGE製、
スイングアームはピボットがテーパーベアリングなのでOVER製でしょうか。
イメージ 8





















このS1エキセントリックは試作品なので、
実際はシャフト貫通でナット締めになります。
イメージ 9





















サポートのアライメントを確認し、
新しいトルクロッド受けの位置をマーキングしておきます。
受けはあとで溶接します。
イメージ 10





































ハブを削ってチェーンラインは3.4ミリオフセットの状態です。
フロントスプロケはニンジャ用の8ミリオフセットを使って、
実オフセットは3.4ミリでぴったり一致します。
イメージ 11





































ローターはタイヤ端面より外側にくるので、走行風はよく当たりそうですね。
イメージ 12





































リヤウインカーのステーはしっかりしたアルミの厚板で作り直します。
根元の端面がシートロックブラケットに付き当ててあり、
ウインカーステーに荷掛けフックを掛けても回転しないようにしてあります。
イメージ 13





















ノーマルシートロックとテールカウルの間を狙い、現車合わせで位置は決まります。
イメージ 14






















この記事へのコメント