Z1000Mk2 W様 ダイナでもエンジン不調

今回は点火系をSP2からDYNA2000に変えてチェックします。
イメージ 1





















コイルのブラケットが破断していました。
イメージ 3






















イメージ 2





















ピックアップもDYNAに変更。
イメージ 5





















コイルからハーネスまで、全て交換してあります。
点火時期を調整してさあチェック走行へ。
イメージ 4























イメージ 6





















中央道の石川PAです。
今回も同じようにレブリミッターが効いたように8000rpmあたりまでしか
回転が上がりません。
状況は変わっていないようです。
イメージ 7





















もっと悪くならないかと、道志まで少し距離を伸ばしてみましたが、
8000rpm以下なら全く問題なし。
イメージ 8





































150キロほど走ってみましたが、異常のパターンはずーっと変化なし。
近所の桜スポットをはしごしながら帰ります。
イメージ 9





















ここまでのチェックで、燃料系統、電気系統には異常が無いようです。
次に疑うの機械的な部分ですね。
例えば、バルブスプリングの数本が折れていれば、
今までの現象は説明できるかもしれません。
バルブ周りを点検する必要がでてきましたね。



この記事へのコメント