Z1100R I様 クラッチハブの摩耗

クラッチハブとハウジングに段付き摩耗が多く、
クラッチを繋ぐときにジャダー気味になっている1100R、
ハブは既に生産終了のため、今回は段付き部分を修正して対応します。
イメージ 1





















修正前のハブ。
イメージ 2





















修正前のハウジング。こちらは軽傷です。
イメージ 3





















全個所、添え木をしたペーパーで修正します。
イメージ 4





















手前3つは修正済み。
イメージ 5





















ハウジングの方は極浅いのでさらっと。
イメージ 6






















イメージ 7





















修正後のハブ。
イメージ 8





















修正後のハウジング。
イメージ 9





















ハブナットは規定のトルク13kg・mで締め付け。
イメージ 10





















クラッチ板は異常ないので継続使用します。
イメージ 11





















滑り対策は、スプリング座面にスペーサーを入れてセット荷重を上げて対応します。
スペーサーは特注品のワッシャーを手配中。
イメージ 12

























この記事へのコメント