Z1100R I様 クラッチスプリング荷重UP

クラッチ滑りの対策用に手配した特殊サイズのワッシャーが入荷しました。
φ12.5×φ20 厚さ2ミリ です。
イメージ 1





















1枚ずつスプリングの奥に入れます。
イメージ 2





















2ミリ分、スプリングが余計に圧縮されるので、約10%の荷重アップになります。
イメージ 3





















クラッチレバーを握って、フルストロークするか確認します。
大丈夫ですね。
これでどこまで改善するでしょうか。
イメージ 4





















次に、S1スイングアームのキャッチタンクが使えるように、
バッテリーケース下の空間を広げます。
イメージ 5





















バッテリーケース底面に付いているイグナイターを取り外して移設します。
イメージ 6





















これでホースを通すスペースができました。
イメージ 7





















イグナイターは、簡単なブラケットでバッテリーの前側にマウントします。
イメージ 8





































イグナイターへの配線は、ルートを変更しただけでそのまま接続できます。
イメージ 9





















ブリーザーホースの曲がり部分内部には、
つぶれ防止のステンレススプリングを入れておきます。
イメージ 12





















これならホースが高温になって柔らかくなってもつぶれることはありません。
イメージ 10























イメージ 11





















この記事へのコメント