Z1000Mk2 I.M様 溶損カプラーの交換

バッテリーケースを上に移動したため、
少し長いマイナスケーブルを製作します。
イメージ 1

イメージ 2

合わせて、切れかかっていたプラス側も製作します。
イメージ 3

メインハーネスは既に新品交換されていましたが、
右ハンドルスイッチ側からのハーネスは、
傷んだ元のカプラーを再利用していたためか、接触不良の発熱で溶けています。
イメージ 10イメージ 9

コイルとイグナイターに行く電源線も、被服にキズがあり短絡寸前です。
これも交換します。イメージ 4
一旦切断して新しいカプラーやギボシを取り付けます。イメージ 5

イメージ 11

その他のハーネスも、綺麗に艤装します。イメージ 6
内リムが社外品のためヘッドライトのレンズがガタつきます。
熱にも強いシリコンチューブを挟んでガタつきを抑えておきます。
イメージ 7

電装系はこれで完了。イメージ 8







この記事へのコメント