ZRX1100 I様 車検

保安基準に合わない箇所があるので改修します。
イメージ 1

先ずは車検整備と一緒にクーラントを交換します。イメージ 2

冷却水のドレンを開けるとオイルのようなこげ茶色の液体が出てきました。イメージ 3

何回も洗浄しようやく透明になりました。
この後は30%のクーラントを入れ、防錆をきちんとしておきます。
イメージ 4

音量は大き過ぎるので、大容量のサイレンサーに交換します。イメージ 5

LEDのテールランプは、30個ほどのLEDの一部が点かないので純正品と交換します。
LEDは1個でも点かないとNGなので要注意。
イメージ 6
この年式、ヘッドライトは常時点灯なのでスイッチが動かせないように固定します。
イメージ 7

ゴムで作ったストッパーを嵌めるだけです。イメージ 8
シフトパターンが無かったので、テプラで作って貼っておきます。イメージ 9
電気式のスピードメーターが不動だったので、
センサーを交換してOKに。イメージ 10
車検とは別に、チェーンラインをどこかで合わせ間違えて走行したそうで、
リヤスプロケが偏摩耗しているので修理します。イメージ 11

イメージ 12

チェーンラインを計測したところ、ZRX1100プラス6.6ミリでした。
このエンジンはZZR1100Cの6速ミッションが組んであるので、
そのままではZRX1100マイナス10ミリになります。
なので都合16.6ミリオフセットさせる必要がありますね。
イメージ 13
フロントスプロケを外すと、ネジ山にキズが。イメージ 14
ダイスで修正しておきます。イメージ 15
ZZR1100C用のアウトプットシャフトなので、
シャフトとカラーが短いのが解ります。
カスタム車は純正と違う箇所があることを
他のショップでも留意して作業してもらってください。
イメージ 16
ZZR1100C純正スプロケで対応します。イメージ 17
交換する新しいスプロケットは歯数が少ないので、チェーンを少し切り詰めます。
外したジョイントのところだけ、ピンが焼きつきかけていました。イメージ 18
結果4コマ短縮します。錆びていた元のジョイントもちょうど交換できました。イメージ 19
カシメたあとは、カシメ量をゲージで確認。イメージ 20
ようやく2回目で車検合格です。
HIDヘッドライトは2輪コースのテスターでは光軸不良でNGでしたので、
0番の新規車検コースで取り直してOKに。イメージ 21



この記事へのコメント