Z1000J2レストア フレーム立ち上げ

2個いちしてフロントフォークを組み立てます。イメージ 1
スプリングは、もともと付いていたヨーロッパ仕様1000Jの物を使います。
画像上の短い方です。イメージ 2


スプリングの仕様は、マニュアルに記載のある自由長で判断します。
長さ529ミリのスプリングなので表下段のもの、
アメリカ・カナダ以外のモデル用です。
イメージ 15

内部パーツは新品で揃うものを全て交換します。イメージ 3

インナーチューブはストックしてあった1000R用を使います。
イメージ 4

トップキャップのエアバルブも新品が出るので交換しておきます。イメージ 5
ステムシャフトの花形ナットも傷んでいたので新品に交換します。
色が揃わないのはしかたないですね。
イメージ 6

タイヤを交換します。
ホイールは長年の汚れが蓄積していますね。イメージ 7

洗浄して、キズや振れが無いことを確認してタイヤを組みつけます。イメージ 8
組み込むタイヤはBSのBT-45Vです。リヤはサイズ120/90-18です。イメージ 9
フロントのサイズは100/90-19です。ともにノーマルサイズ。イメージ 10
フロントフォークとホイールを組みつけます。
ハンドルはAREAさんのスーパーバイクハンドルをチョイス。
幅広で手前にくるのが特徴。イメージ 11
リヤスプロケはサンスターさんの新製品、
ブラックハードアルマイト仕様のアルミ製です。
黒いスチール製にそっくりなので、ノーマル車にも違和感ないですね。
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14