Z1000Mk2 K.T様 直付けバックステップ取り付け加工その2

リヤマスターは偏芯カラーを使って直接フレームマウントします。イメージ 1

プッシュロッドを少し後ろに向けるためです。イメージ 2

ペダルの位置に合わせて、プッシュロッドを一直線にするためです。イメージ 3
塗装のためシンナーで脱脂すると、パテ盛りの跡が出てきました。
この後刷毛塗りで塗装します。イメージ 4
サイドスタンドブラケットの角は、
チェンジリンクのピロボールと干渉するので角を少し削除します。イメージ 5
この位でOK。これはチェンジロッドを下に配置するための措置です。イメージ 6
仮組みして位置関係などをチェックします。イメージ 10

イメージ 11
一見、ペグは長そうに見えますが、
Z2の純正タンデムステップなのでゴムが短めです。イメージ 12
フレームからの突き出しは、靴の幅とほぼ同じです。イメージ 13
今回の角鉄スイングアームは根元が結構ワイドなので、
リヤマスターのプッシュロッドが薄型の特殊な形状になりました。
イメージ 7
鉄板をS字に曲げて、フレームとスイングアームをかわします。イメージ 8



イメージ 15
ブレーキペダルはお客様のお好みでショートタイプです。イメージ 9
S字の純正サイドスタンドは、チェンジ中のつま先に当たるので直線化します。
加工は次回へ。イメージ 14