Z1000Mk2 I.S様 ヘッドカバーオイル漏れ修理

ヘッドカバーからのオイル漏れを発見して、
カバーボルトを増し締めしたら1箇所ネジが上がってきてしまったそうです。
予定していたツーリングの朝、急遽作業となりました。
イメージ 1
ヘッドカバー左エキゾースト側周辺からオイルが漏れています。イメージ 3

作業終了次第、先に出たツーリング仲間に合流するそうで、
なるべく短時間で済む方法を考えます。
ネジが上がってしまったのは、1番エキゾースト側、
赤いマーキングしたプラグ寄りの1本です。
イメージ 2



引き抜いたボルトにはヘッド側のネジ山が付いています。
イメージ 9
検討の末、今回はヘッドカバーを開けず作業することに。
ドリルで下穴を5ミリ程掘り下げます。
イメージ 4
一番奥までM6ネジを切ります。イメージ 5
10ミリ長いボルトに交換します。
もともと5ミリ程ネジ山は深くまであるので、
5ミリネジ山を足せば先端10ミリが綺麗なネジ山に掛ります。イメージ 6
トルクはしっかり掛かるようになりました。イメージ 7
1時間ほどで終了したので、早速これから向かうそうです。
追いつくといいですね。
本格的な修理は、次回改めてやりましょう。イメージ 8