Z1000Mk2 W.T様 腰上組み立て

シリンダーとヘッドの準備ができました。
エンジン側はあとピストン洗浄とリング交換です。イメージ 1
ピストンは軽いスカッフをペーパーで修正し、リングのみ新品交換します。イメージ 2
左側が付いていたリングです。摩耗がだいぶ進んでいました。
イメージ 4

イメージ 5
ベースガスケットも綺麗に剥がし終わり、組み立て準備完了です。
イメージ 3
シリンダーを乗せます。イメージ 6
ヘッドガスケットとガイドローラーは純正品、センターOリングはバイトン製です。イメージ 7
付いていたテンショナーはマニュアル調整式のZ1000のものでした。イメージ 8
メンテナンスフリーになるオートテンショナーに交換します。イメージ 11
カムホルダーのボルトもしっかり締め付けられるようになり、
安心して回せるようになります。
イメージ 9

イメージ 10