Z1000Mk2 W.T様 ワークスバックステップ取り付け

先日、白煙が酷いために腰上オーバーホールをしたばかりのMk2です。
500キロほど慣らし走行が済んだそうで、オイル交換での入庫です。
念のため、高回転でも白煙が無いことを確認しに早朝のチェック走行に行きます。イメージ 1
動画がこちら。約8000rpmまで空吹かししてみましたが、白煙は出ていません。
全域でのキャブセッティングも、特に問題ないことが確認できました。
非常に静かなエンジンになりました。

既存のバックステップは、チェンジペダルのガタが多くシフト操作も渋いため、
ローソン車と同じワークスタイプバックステップに変更します。イメージ 2
今回はボルトオンタイプで正チェンジの物をチョイス。
イメージ 3
バックステップといえども結構前寄りのポジションなので、
のんびりツーリングに最適です。
サイドスタンドも特に邪魔になりません。イメージ 15

ブレーキペダルは純正品を切断しショート化します。
イメージ 4






イメージ 5
溶接したら塗装して完成です。
イメージ 6

イメージ 16
慣らしが済んだのでエンジンオイルとフィルターも交換します。
イメージ 7
イグニッションキーがONでも抜けるようになってしまったので、
キーセットで新品交換します。イメージ 8
ハンドルロックの抜き替えです。イメージ 9

イメージ 10
漏れるので外したという純正タンクキャップも点検します。イメージ 11
内部は特に異常なないので、パッキン類の交換で復活しそうです。
取り付けて車体をゆすってみましたが、いまのところ大丈夫そう。イメージ 12
今月末のツーリングには間に合いましたね。
帰ってきたら電装系のリフレッシュを予定しておきます。
イメージ 13


イメージ 14