Z1000Mk2 O.K様 IGコイル移設

イグニッションコイルをシート下に移設します。イメージ 1

現在はSP2コイルがノーマル位置に付いています。イメージ 2

プラグコードも長さが足りなくなるので作り替えます。イメージ 3

接着で取り付けてあったコードをコイルから引き抜きます。イメージ 4

コイル端子内部に残っているコードの残骸は、木ネジを使って掻き出します。イメージ 5

ブラシで仕上げて内部まできれいにします。イメージ 6


コイルブラケットを製作し、フレームの補強パイプにバンドで抱かせます。イメージ 7



バッテリーケーブルが届くよう高くマウントしていた小型のバッテリーは、
最下部にマウントし直します。
イメージ 18

コイルはこの位置にマウント。イメージ 8

コイルブラケットは、ホースバンドでフレームの補強パイプに取り付け。イメージ 9

バッテリーのプラス側ケーブルは、長いものを製作して交換します。イメージ 10

プラグコードもφ7ミリシリコンコードで新規製作し、コイルの移設が完了。イメージ 11

続いて、ハンドル切れ角を増やします。
現在はストッパーにスペーサーが溶接されており、切れ角の少ない状態です。
過去のカスタム過程で入れられたようですが、現状では不要となっていました。イメージ 12


ステム側ストッパーに溶接されているスペーサーを切り取ります。イメージ 13

左右とも切れ角を微調整して完成です。イメージ 14


イメージ 15
これで今回のフロント19インチ化などのメニューが全て完成しました。イメージ 16


イメージ 17
ガレージ周辺を試乗します。
ザッパーステムが入っているので、
やはりノーマル19インチのハンドリングとは少し違いがあります。
ベストはステムもノーマル戻しでしょうか。イメージ 19