Z1000J1レストア エンジン下し

エンジン腰上を分解していきます。
イメージ 1

バルブクリアランスには大きな異常はありません。
イメージ 2

カムホルダーのボルトが純正ではないので、
エンジンは過去に何かやってあるようです。
いくつかトルクをチェックしてみましたが、ネジが上がってきてしまうばかりです。
イメージ 3

テンショナーも突き出しを延ばすように改造されていました。
イメージ 4

ヘッドを外します。
ピストンはノーマルですね。シリンダーも大きな傷はありません。
イメージ 5

燃焼室周りも、特に異常はないようです。大きな面研もありません。
カムホルダーネジ山は、一部修理の痕がありました。
イメージ 6

シリンダーを外します。ピストンも大きな傷はなし。
イメージ 7

ピストンリングは摩耗が進んでベタ当たりしているので、
走行は3万キロ以上という感じ。
イメージ 8

今のところ、腰上には致命傷は無い模様。
イメージ 9

軽くなったところで腰下も下します。
イメージ 10

フレームの方は、サイドスタンドは要交換です。
イメージ 11