Z1000Mk2 W.H様 カムチェーン交換

傷ついたカムチェーンを交換します。
ついでに、ローターの空転でテーパーが傷ついたクランクも交換予定です。
イメージ 1

腰下を分解します。
イメージ 2

オイルパンにはトップアイドラーやカムチェーンの摩耗粉が堆積しています。
イメージ 3

既存のミッションは社外品の新品を使ったもの。
ドグの摩耗も無くいい状態です。
イメージ 4

腰下まで分解完了。これでやっとカムチェーンが交換できます。
イメージ 5

直ぐに洗浄して組立の準備をします。
イメージ 6

用意されたテーパーのきれいなクランクです。
ですが、点検棒を通してみると問題がありました。
イメージ 7

かなり大きく芯ズレしています。
イメージ 8

上死点でピストンが2ミリほど段違いになるほどズレています。
このままでは使えません。
イメージ 9

元のクランクは芯ズレが無いので、テーパーの傷はありますが、
TOTまで時間も無いので、今回はこちらを組み込むことに。
イメージ 10

曲がりも限度値内で大丈夫です。
イメージ 11

新しいカムチェーンを通して、ロアーケースに組み込みます。
イメージ 12

テーパー部は、できるだけの修正はしてはいるので、
代わりのクランクが準備できるまで、
様子をみながら元のクランクを継続使用していきます。
イメージ 13

アッパーケース側の組み込みが終了しました。
クランクケースを閉じていきます。
イメージ 14

エンジン腰下が組み上がりました。
イメージ 15


イメージ 16
この軽い状態で先に車載しておきます。
イメージ 17

明日のヘッドガスケットなどの入荷を待って、腰上の組み立てに続きます。
イメージ 18