Z1000J I.T様 S1フレーム加工 パーツの溶接

製作したシートマウントのブラケットをフレームに溶接します。
イメージ 1

シートを乗せてブラケットの位置を決めます。
イメージ 2

仮付けしたらシートを外して本溶接します。
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

イメージ 24
次は脱着式サイドスタンドへの変更です。
既存のサイドスタンドブラケットを削除します。
イメージ 6


イメージ 7

走行の少ないフレームなので、サビの発生も少ないです。
イメージ 8

表面を均します。
イメージ 9

ボスを取り付ける穴を開けます。
イメージ 10


イメージ 11

フレームパイプ内部のサビも少ないですね。
イメージ 12

ボスを溶接します。
イメージ 13

裏側はこんな感じ。
イメージ 14

表面を均しておきます。
イメージ 15

次に、ハンドルストッパーを溶接します。
イメージ 16

切れ角はネジで微調整できます。
イメージ 17

イメージ 18


イメージ 19

切れ角最小の状態。タンクを上げた際に有効です。
イメージ 20

サイドスタンドを仮付けしてみます。
イメージ 21

跳ね上げるとほぼフレームに沿うようになります。
あとは車高が決まってから長さを調整することになります。
イメージ 22


イメージ 23