Z1000J I.T様 S1フレーム加工 リザーバータンクブラケット取付

上側のオイルクーラーバンドフックを溶接しました。
ノーマルのハンドルストッパーは削除します。
イメージ 2
ハンドルロックのキャッチャーも削除します。
イメージ 1


先ず大まかにサンダーで削除します。
イメージ 3

表面を滑かに仕上げます。
イメージ 4

ステアリングダンパーを考慮して、ハンドルストッパーの位置は少し修正しました。
イメージ 5


右フルロックの状態です。
切れ角が少ない状態でステアリングダンパーは最圧縮直前です。
イメージ 6

左フルロックです。
こちらも切れ角が少ない状態でステダンは伸び切り直前です。
イメージ 7

こちらはリヤマスターのリザーバータンクブラケットです。
イメージ 8

インナーフェンダーの切り欠きに合わせて、少し低めに取り付けます。
イメージ 9

リヤフェンダーの前側ステーを修正します。
イメージ 10

ステーはフェンダーにリベット止めです。
イメージ 11


ナットを締めるためのサービスホールも、作業性良く大きめに拡大。
イメージ 12

これでS1と同じ取り付け方法です。
イメージ 13
今回の加工はこれで終了です。
イメージ 14


イメージ 15