Z1000Mk2 F.Y様 ワークスバックステップ取付

ワークスタイプのバックステップを取り付けます。
フレームが既に塗装済みのため、
今回の仕様はVer.2のボルトオンタイプとなりました。
イメージ 1

正チェンジでリンクが下回しのため、
サイドスタンドブラケットの干渉する部分を削除します。
イメージ 2

イメージ 3

ステップのポジションは、Ver.2標準よりも15ミリほど低めです。
これは、身長の高いオーナーさんのご希望。
イメージ 4

サイドスタンドはかなり跳ね上げる仕様に変更されていいて、
チェンジペダルとのクリアランスが足りないので修正します。
イメージ 5

ストッパーとなる位置に溶接で肉盛ります。
イメージ 6

ノーマル位置で止まるように調整します。
イメージ 7

バンク角も問題ないでしょう。
イメージ 8

右側ステップ周りをまとめます。
マスターはノーマル位置に戻し、
サイレンサーのステーはなるべく目立たない位置にとの指示のため、
角度を決めてからステーの形状は検討します。
イメージ 9



カチ上げ角度は、マフラー無加工での最大でこのくらいです。
イメージ 10




オーナーさん、いかがでしょうか?
イメージ 11

依頼していた再アルマイトの処理も出来上がってきました。
既存のアルマイトを科学的に剥離し、
サンドブラストしてからサンプルと同じ色に再びアルマイトしたものです。
イメージ 12
色を変えるとかなりのイメージチェンジになります。
イメージ 13