Z1000Mk2 F.Y様 サイドスタンドスプリング移設

エア漏れの修理が終わり、一晩ボンドを固めたところでタイヤを組みます。
今のところ新たなエア漏れは無いもよう。
アルマイトの色替えしたローターも組み込んで、
リヤホイール周りは最終の組み付けです。
イメージ 1

キャリパー側のバンジョーを90°フィッティングに変更します。
合わせて、ホースの長さも短く切り詰めます。
イメージ 2

リヤの内側のパッドは、減ってくると裏板がインナーローターに干渉します。
イメージ 3

今付いているパッドの場合はこのくらいの削除が必要です。
パッドの銘柄によって裏板の大きさは違うので、
交換する度に大きさの確認が必要です。
イメージ 4

ブレーキホースを組んだところで、リヤキャリパーを外してエア抜きします。
イメージ 5

リヤ回りの組み付けが終了しました。
イメージ 6

目立たないように設置したサイレンサーステー、いかがでしょうか。
イメージ 7


イメージ 8

サイレンサーにはお決まりのエンブレムを取り付けます。
リベットが飛びにくいようにシリコンボンドを併用します。
イメージ 9


イメージ 10


イメージ 30


イメージ 31



キャブ後方には隔壁を取り付けます。
イメージ 11


イメージ 12

荷物の転落防止、バックファイヤーの遮断、
リヤタイヤからの小石跳ね上げ防止などの効果があります。
イメージ 13

さて、懸案だったサイドスタンドのスプリング、
チェンジペダルの動きに干渉するので、裏側へ移設することに。
イメージ 14

車体下にもぐるので右に傾けます。
イメージ 15

フレーム側のスプリングフックはこの位置に溶接します。
イメージ 16

サイドスタンドを加工します。既存のステーはカット。
イメージ 17

内側にスプリングフックを新設し、
払い出し用の突起は少し上側に移設します。
イメージ 18

取り付けるとこんな感じ。
チェンジペダルは自由に高さ調節でき、スタンドの払い出しは踵でOK。
イメージ 19


イメージ 20

既存のスプリングフックは削除します。
イメージ 21


塗装して、サイドスタンド周りも取り付け終了。
イメージ 22

あとは試運転して動作を確認すれば完成です。
イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29