Z1000Mk2 W.H様 腰上分解

クラッチプッシャーの焼き付きを修理したので、
引き続きエンジン異音のチェックに向かいます。これは昨晩。
イメージ 1


約6500rpmから異音が始まるのが確認できました。
場所はカムチェーン周りのようです。

エンジンを分解調査します。
イメージ 2

カムチェーン周り、目視では異常ありません。
バルタイ、バルブクリアランス、カムホルダーの締め付けトルク、
何れも正常です。
イメージ 3


カムを外して更に内部をチェックします。
イメージ 4

テンショナーの上あたり、ヘッドのカムチェーントンネルにキズがあります。
TOTの前にこのヘッドにした時にはなかったキズです。
イメージ 5

ヘッドを外してチェックします。
イメージ 13
キズはカムチェーンが当たった痕ですが、
静的にはクリアランスがあるので、高回転で共振してぶれて当たったのでしょう。
イメージ 14


イメージ 15

元のヘッドを改めて確認してみます。
イメージ 16

こちらも同じ位置にキズがあります。
このエンジン固有の共振点があるようです。
こちらは既に削れていたのでうまく逃げて異音が出ていなかったのでしょう。
イメージ 17

シリンダーにも別の問題が。
イメージ 6

4気筒ともシリンダーのエキゾースト側にスカッフがあります。
イメージ 7

爪で触ると少し引っかかる程度です。
イメージ 8

シリンダーを外して点検します。
イメージ 9

ピストンやリング側には大きなダメージは無いようです。
イメージ 10

シリンダーは4気筒とも同程度のスカッフができています。
イメージ 11



イメージ 12

こちらは前回10月31日に撮影した、組み付け前のシリンダー画像です。
軽いスカッフがあったのをホーニングで均してある状態です。
イメージ 18


こちらも10/31の画像です。
イメージ 19

今回はホーニングでは取り切れない状態なので、
ボーリングしてのボアアップを検討します。
幸い、スリーブは大径なものが入っているので肉厚は十分残っています。
イメージ 20

ボアφ75ミリで1166cc化でしょうか。
イメージ 21