Z1R2 K.S様 カム周り点検

エンジンオイルを抜いて、異物が出てこないか点検します。
イメージ 1

ドレンプラグのOリングは、太いものが使われており潰れています。
イメージ 2

オイルを捨てて底に残ったものをチェックします。
粒状の物は金属ではなくガスケット片のもよう。
大きな問題は無いようです。
イメージ 3

スプロケットカバー周辺の多量のオイル漏れ、出所を探ります。
イメージ 4

チェーンとフロントスプロケットは比較的新しいものです。
アウトプットシャフト周辺は濡れていません。
スターターの下はオイルがベットリです。
イメージ 5

ジェネレーターのハーネスは硬化してパキパキの状態。
イメージ 6

カムチェーンテンショナーからのオイル漏れが一番高い位置です。
ここが出どころのようです。
カム周りを点検してから外してみます。
イメージ 7
エアクリーナーBOXを外します。
ダクトは柔らかいので交換されているようです。
イメージ 8

イグニッションコイル周りも比較的新しいものです。
イメージ 9

ヘッドカバーを外して内部を点検します。
バルブタイミングやバルブクリアランスは正常です。
各部の当たりも正常。
イメージ 10
トップのカムチェーンアイドラーも比較的新しいものです。
カムチェーントンネルを覗いて中の方のアイドラーも確認したところ、
同様に新しいものでした。
シリンダーベースのガスケットにも、一部、液体ガスケットのはみ出しがあるので、
腰上は分解整備されているようです。
イメージ 11
カムホルダーの締め付けトルクを確認します。
イメージ 12

マークしたところ1本は、トルクがかからずネジが上がってきてしまいました。
イメージ 13

オイルの出どころであろう、テンショナーを外します。
イメージ 14

テンショナー側には黒くて古いガスケットがそっくり残っていますが、
エンジン側にはオレンジのガスケット片が一部残っています。
テンショナーはZ1000までのマニュアルテンショナーなので、
他のエンジンから外したまま暫定的につけられていたようです。