Z1100B2 K.H様 腰上分解

予定していたピストンボアアップのため腰上を分解します。
イメージ 1

白煙修理のための前回の分解時、シリンダーの深いキズが主原因と判断しましたが、
部品などを準備するため直ぐには作業できませんでした。
秋のツーリングシーズンということもあり、乗りながらお待ちいただいていました。
イメージ 2

シリンダーを取り出すため腰上を分解します。
イメージ 3


イメージ 4

分解前に以前修理したカムホルダーネジの締め付けトルクを確認しておきます。
イメージ 5

不具合が無いことを確認しながら分解していきます。
イメージ 6

腰上の分解終了です。
イメージ 7

取り外した腰上の部品がこちら。
イメージ 8

燃焼室も異常無し。
ヘッドは既にオーバーホール済なので、このまま保管しておきます。
イメージ 9

シリンダーは1100GPのノーマルです。
既に純正オーバーサイズピストンで73ミリになっています。
イメージ 10

白煙の主原因であると思われる、3番シリンダーの深いキズはこちら。
オーバーホール済車を購入後最初に開けた時には既に付いていました。
イメージ 11


外したピストンはスカッフも少なくまだまだ使える状態です。
イメージ 14


1100純正スリーブの外径はφ78ミリ程度。
イメージ 12

今回は純正スリーブ最大ボアとも言えるφ74ミリにボアアップします。
同時にストリート用のハイカムも組み込みます。
イメージ 13

この後シリンダーはボーリング作業へ。