Z1100B2 K.H様 腰上組み立て

シリンダーのボーリング作業が終了したので組み込みます。
イメージ 1

φ73ミリからφ74ミリへボアアップしました。スリーブは純正のままです。イメージ 2

腰上を組み立てます。
イメージ 3

ピストンをセットします。
イメージ 4

シリンダーを挿入します。
イメージ 5


イメージ 6

オーバーホール後間もないヘッドはそのまま継続使用です。
イメージ 7


ヘッドを組んだらバルブクリアランスを調整します。
イメージ 8

バルブタイミングを調整します。
イメージ 9

一旦ヘッドを外してバルブリセスのクリアランスを確認するため、
リセスに粘土を盛ります。
イメージ 10


再度ヘッドを組み付けてバルブタイミングを合わせてクランクを2周させます。
イメージ 11

再度ヘッドを外して粘土の潰れ具合を確認します。
INT EXHともに十分なクリアランスが確認できました。
イメージ 12

ヘッドを本組みしてエンジンは完成です。
イメージ 13