Z1000Cポリス K様 ハンドルスイッチ交換

今回はフロントマスターとハンドルスイッチを交換します。
イメージ 1

現状はノーマルですが、以前から気になっていたところなので、
ようやく今回取り上げるメニューとなりました。
イメージ 2

マスターは、性能と当時らしいデザインが両立するロッキードをチョイス。
イメージ 3


ミラーホルダーはPMCのロッキード風のデザインのものです。
イメージ 4

スロットルケーブルも交換するのでキャブを外しますが、
オイル取り出し付近のオイル漏れも一緒に修理します。
イメージ 5

オイル漏れはOリングのへたりが原因のよう。完全に面一まで潰れています。
イメージ 6


洗浄して、クラックなどの異常が無いか確認します。
イメージ 7

4ヶ所のOリングは全て交換します。
イメージ 8

組み付けます。テンショナーはビトーR&Dのオートタイプです。
イメージ 9

ハンドルスイッチを交換するので主にメインハーネス側を改造します。
イメージ 10


過去の修理や改造の痕などいろいろ怪しいところをたどっていくと、
大半の被服を剥がして修正することになりました。
程度があまり良くないので、次回はメインハーネスも交換する予定です。
イメージ 11

必要最低限の修理と改造で、左右ハンドルスイッチを新調しました。
これで操作系のリフレッシュはほぼ完了です。
イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14



イメージ 15