Z1000Mk2 F.Y様 ジェネレーターハーネス交換

ジェネレーターカバーからのオイル漏れを修理します。
前回整備のときに修理を先延ばしにしていたのですが、
漏れが酷くなってきたのでグロメットとハーネスを交換することに。
イメージ 1

走っているとつま先にまでオイルが飛んでくることも。
イメージ 2

ジェネレーターカバーの下側にはオイルのにじみが。
イメージ 3

ジェネレーターカバーを外します。
イメージ 4
元々ボンドでかなり固められていたので、
もうしばらくは持つかと思っていたのですが・・・。
イメージ 5

ハーネスは、ローターに影響を受けにくい下側で切断して、
新しいハーネスとつなぎます。
イメージ 6


イメージ 7

新しいグロメットにハーネスを通してボンドを塗ります。
グロメットとその周辺は完全に脱脂しておくのがポイント。
イメージ 8


イメージ 9
だいぶ不具合を潰してきたので、
日に日に走るのが楽しくなっていくMk2だそうです。
イメージ 10