Z1R2 K.S様 電装パネル製作

改造したメインハーネスの動作確認が終わったので、
電装品を艤装していきます。
イメージ 1

既存のプラグコードの差し込みが浅いようなので修正します。
現状は端子の半分ほどしか差し込まれていません。
イメージ 2

このダイナのコイルは電極が奥深いところにあるので、
プラグコードのターミナルは奥まで差し込まなければなりません。
浅いと内部でスパークしてしまうこともあります。
イメージ 3

マイナスドライバーなどで端子を奥まで差し込めばOKです。
イメージ 4

テーピングしたメインハーネスを車体に艤装します。
イメージ 9

イグニッションコイル周辺はだいぶすっきりしました。
イメージ 10


イメージ 11

バッテリー周辺に新しい電装品をレイアウトします。
イメージ 5

レギュレーターなどの寸法が変わるので、このような電装プレートを製作。
イメージ 6

ラバーマウントされている純正のバッテリーケースに取り付けます。
イメージ 7


Z1R1型のメインハーネスをベースにしているので分岐点などがが若干違います。
各ユニットをレイアウトしながら、ハーネスの最適ルートを決めていきます。
イメージ 8


イメージ 12