Z1000J A.T様 フォークオイル交換

フォークオイルを交換します。
走行距離は少ないので、出てきたオイルは比較的綺麗です。
イメージ 1


車載でトップキャップが緩め難かったのでフォークを外すことに。イメージ 2

今回使用するオイルは定番のカヤバG15Sです。
レベルはマニュアルの規定値とします。
イメージ 17

エアも規定値の0.5kg/cm2としておきます。
イメージ 3

1000R用のライトステーになっていますが、
上下に入るカラーが不足していて、ダンパーも劣化しているのでこれは要交換。
イメージ 4

一旦別のホイールで仮組しておきます。イメージ 5

インナーローターはアルマイト加工へ。イメージ 7


リヤもインナーローターを取り出します。
イメージ 6

こちらもフロントと同色でアルマイトへ。イメージ 8

張り替えしたシートに金具を付けて復元します。イメージ 9

フロント側のダンパーは新品が出るので交換しておきます。
グリップが良くなるので、フレームの上で滑ることが少なくなります。
イメージ 10

シートを仮付けしてテールカウルとのチリを確認します。イメージ 11

かなり隙間が空くので、こちらはチリ合わせします。イメージ 12

ハンドルポジションも少し変更。
バーエンドが下がっていたので水平にします。
スーパーバイクはグリップ水平がお勧め。
イメージ 13


ブレーキホースの取り回しも少し修正します。イメージ 14

一旦マスターを外してスロットルケーブルの間を通します。イメージ 15

ブレーキスイッチの配線もハンドルに沿わせてマスター周辺はスッキリ。イメージ 16