Z1000J U.T様 キャリパーのオーバーホール

キャリパーをオーバーホールします。
水で洗浄したら乾燥させます。
イメージ 1

シール類は新品が出るので全て交換します。イメージ 2

ピストンやスプリングは継続使用です。イメージ 3

パッドは効きを重視して純正を使います。イメージ 4

付いていたローターはφ270の純正同形状ですが車種不明。
ほとんど摩耗していないので継続使用します。
イメージ 5

ステッププレートは少し研磨して黒い部分だけ筆で塗装しました。イメージ 6

リターンスプリングのレバーにクラックがあったので溶接で修理しておきます。イメージ 8

イメージ 9

手持ちの部品から程度のいいステップを選んで、
ステッププレートの準備ができました。
イメージ 7

ポジションは1000Rと同じ少し後退した位置です。イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12