Z1000R1 N.K様 エンジン交換

白煙とオイル漏れの修理だけかと思いきや、
エンジン分解点検の結果はカム、ピストン、クランクまで、
エンジン全体に渡ってダメージが及んでいることが発覚。
暫定策としてエンジン交換で対応することに。
イメージ 1

使用するエンジンはZ1000-P16ポリスのエンジンです。
実動車から下して3年半保管していたもの。
走行距離は約8万キロです。
下す前は快調に走っていたものでした。
イメージ 2

現在のエンジンは一旦下して、後の修理に備えます。イメージ 3

腰下だけだと軽々下せます。イメージ 4

続いて乗せる方のエンジンです。
ジャッキに乗せて少し持ち上げます。作業は全て一人でできます。
イメージ 5

フレームほどの高さの台を用意して、その上にゴロンと乗せます。イメージ 6

イメージ 7

エンジンは頭からフレームの中に横倒しにして突っ込みます。イメージ 8

中空に浮かせながら向きを修正しエンジンを起こします。
このまま下げて搭載完了。
イメージ 9

年式が新しいので、スプロケはナット止めです。イメージ 10

規定トルクでしっかり締め付けます。イメージ 11

キャブホルダーは新品交換しておきます。イメージ 12

3年半かけていないので、
プラグホールからオイルを少々垂らしてからクランキングします。イメージ 13

オイルを抜いてフィルターも交換します。イメージ 14

とりあえずエンジン始動までできました。
後はキャブセッティングの確認です。
イメージ 15

エンジン始動動画はこちら。
1発始動でアイドリングも安定していますよ。

IMG 7379