Z1000R1 N.K様 キャブセッティングの続き

不足していたメインジェットが入荷したのでキャブセッティングを再開します。
その前に、前回の走行時に気付いた点をいくつか修正します。
先ず、シフトが非常に重いのでレバー比を変更してみます。
イメージ 1

ペダル側の支点を軸寄りに変更しました。
ストロークは増えますが、これでもノーマル並みくらいです。
イメージ 2

続いてハイスロが重すぎるのでリール径の小さいものに変更します。
アルミ製から樹脂製になるので滑りも良くなります。
ロードならφ40ミリ以下がおススメ。
イメージ 3

メインジェットも変更します。イメージ 4

大体絞れてきたので、メインジェットの最終確認は高速で。イメージ 5

八王子までの往復で合わせます。
オーバーホールしていないエンジンなので、全開走行はほどほどに。
イメージ 22


ガレージに戻って最終点検します。
イメージ 6

チェーンが何かと干渉していたようです。ブラック塗装がはがれています。
市街地走行では干渉していませんでしたが、
高速フルパワーだと干渉するようです。
イメージ 7

干渉していたのは社外品の油圧レリーズ本体でした。
イメージ 8

ピストンまでは達していない模様。イメージ 9

裏側がほぼフラットなスプロケなので、
付属のスペーサーを内側にして組んでいましたが厚過ぎるようです。イメージ 10

イメージ 11

右がもともと入っていたスペーサーです。左の薄いものに変更します。
部品はミッション内の純正部品を流用します。
イメージ 12

イメージ 13

レリーズはキズを修正しました。
組みつけるとピストンはここから3ミリほど中に入ります。イメージ 14

チェーンは一旦外して点検します。イメージ 15

前後スプロケもだいぶ摩耗して痩せてきているので、
近いうちに前後スプロケとチェーンの3点セットで新品交換することに。
イメージ 16

イメージ 17

チェーンを外したついでに長過ぎていたので2コマ詰めておきます。イメージ 18

これでチェーン引きも中間位置になりました。
こちらのスイングアームはかなり短いので、リンクはこれで108です。
イメージ 19


再度、走行チェックします。イメージ 20

問題ありません。明日の納車は大丈夫です。イメージ 21